登録講習機関の申請について

登録講習機関の申請に関する情報が公開されました

本日付で国土交通省のHPにドローンの登録講習機関の情報が公開されました。

出典:国土交通省ウェブサイト(航空安全:無人航空機(ドローン・ラジコン機等)の飛行ルール – 国土交通省 (mlit.go.jp))

航空安全:無人航空機操縦者技能証明等 – 国土交通省 (mlit.go.jp)

最短の2022年12月5日から講習が可能となるためには早め早めの
準備や申請が必要です。
おそらくですが、登録申請が集中することが予想されます。
パブリックコメントの時点でもある程度の情報は出ていましたが、
近日公開予定の情報もあり今後公開される情報が待たれます。

申請のフロー

登録講習機関の申請フロー⇒001510301.pdf (mlit.go.jp)

大まかには以下の通り

  1. 法人アカウント作成
  2. ログインしてオンライン登録する(要gBizIDプライム)
  3. 電子メールにて航空局へ添付書類の送付
  4. 登録免許税の納付
  5. 登録講習機関登録証の受領
  6. 航空局へ講習事務規程一式を電子メールで送付する
  7. 講習事務規程の受領連絡(電子メール)

登録講習機関の登録

法人アカウントの開設はこちらから⇒ドローン情報基盤システム (mlit.go.jp)
マニュアルはこちら⇒https://www.mlit.go.jp/common/001510278.pdf
※マニュアルは100P超あります。
※別途添付書類の作成や証拠書類集め等があります

登録講習機関申請代行

日々の業務で忙しい中で申請をすると言っても楽なことではありません。
そんな時は行政書士が申請代行いたします。
是非ご相談ください。


関連記事

  1. 空撮を行う予定です
  2. ドローン操縦ライセンス制度について②
  3. 山口県で無人航空機による農薬の空中散布を行うには届出が必要です
  4. 山口県のドローン飛行許可お任せください
  5. 人口集中地区が変わります
  6. 山口県におけるドローンの主な規制
  7. ドローンの事前登録は済みましたか?
  8. ドローン登録義務化スタート

カテゴリー

最近の記事

PAGE TOP