ドローンの事前登録は済みましたか?

ドローンやラジコンヘリなどの登録が義務化されます

2022年6月20日~無人航空機の登録が義務化されます。
原則、6月20日以降は100g以上の機体登録をしていない
無人航空機(ドローン、ラジコン機など)は飛行させることができなくなります。
さらに、リモートIDを搭載することが必要になります。

出典:国土交通省WEBサイト国交省_HB_220114_fin (mlit.go.jp)

無人航空機登録制度ポスター

無人航空機登録ポータルサイト – 国土交通省 (mlit.go.jp)

いつまでにドローンの登録をすればいいの?

できるだけ、速やかに機体登録を行ってください。
現在、事前登録受付が行われています。
無人航空機登録ヘルプデスクは電話が
つながりにくく事前登録を放置していませんか?
事前登録をなぜ速やかに行う必要があるのでしょうか?

事前登録を行うとメリットがあります!!

ドローンの事前登録を行うメリットがあります。

  • 6月20日以降も慌てずドローンを飛ばすことができる
  • リモートIDの搭載を免除されます

6月20日以降に登録せずに飛行させると罰則があります

機体登録せずに飛行させると航空法に基づき、
1年以下の懲役又は50万円以下の罰金が科されます。
現在、無許可で無人航空機を飛行させたり無人航空機による
事故が多発しております。
このような事態を重く見ての今回の機体登録制度となります。
『今までは平気だったから大丈夫でしょ?』と思った方は注意が必要です。
6月20日を過ぎてドローンを飛ばす必要に迫られたときに
慌てて機体登録をしようとしても時間がかかってしまうかもしれません。
安心してドローンを飛ばせるように、
また、思わず罰則を受けてしまわないように
事前機体登録を済ませてしまいましょう。

リモートIDって何?

リモートIDとは車のナンバープレートのようなものです。
違うところは電波で機体の識別情報を発信するところです。
飛行中であっても登録されている機体かされていない機体かを
判別可能にし、空の安全を確保するものです。
識別情報には個人情報は含まれません。
無人航空機の製造番号、登録記号、位置、速度、高度、時刻などの
情報が含まれ1秒に1回以上発信されます。
重さも数十グラム~、価格も数万円すると言われています。
ドローンを複数台お持ちの方ですとリモートIDの購入費用で
新しいドローンが買えてしまうかもしれません。
決して馬鹿にできない費用負担が発生します。
また、新たにリモートIDを搭載するとなるとドローンの
総重量が増えます。
当然、機体が重くなるとバッテリーの持ち時間に
影響が出ることが考えられます。
事前登録をすることによりリモートIDの搭載が免除されます。
なお、事前登録の他にもリモートID搭載の免除を受けれる条件がありあます。

出典:国土交通省WEBサイト無人航空機登録ポータルサイト – 国土交通省 (mlit.go.jp)

ドローンの事前登録をしましょう!!

ドローンの事前等登録を行うことで思わぬリスクを回避できます。
6月20日以降安心してドローンを飛行させるためにも事前登録を
すぐにでもしましょう。
期限間近になると申請が込み合い登録まで時間がかかってしまうかもしれません。

そうは言ってもよくわかんし面倒だ

行政書士はお客様に代わりドローン事前登録を行うことができます。
行政書士藤本啓志事務所は山口県防府市にある
ドローン事前登録や飛行許可取得を得意としている行政書士事務所です。

関連記事

  1. 100g~199gのドローンの飛行許可受付開始
  2. 人口集中地区が変わります
  3. ドローン操縦ライセンス制度について②
  4. ホームページ掲載無人航空機の更新
  5. 山口県のドローン飛行許可お任せください
  6. 航空局標準マニュアルの改正
  7. 登録講習機関の申請について
  8. ドローン操縦ライセンス制度について①

カテゴリー

最近の記事

PAGE TOP